New in4D v19 R2

illu_4dforandroid.jpg

4D for Androidが登場。

そして、UXと生産性のための機能セットを事前に定義。

4D for Androidが登場し、最も重要な機能を搭載して提供されています:ネイティブアプリの生成、豊富なすぐに使えるテンプレートとアイコン、検索とフォーマット機能、認証、そしてオフラインサポート! 

さらに加えて、iOSとAndroidの両方で、全く同じモバイルプロジェクトからネイティブアプリを作れるようになりました。 これは、すでに4D for iOSを使っている人にとっては大きな時間の節約になる機能です。Android版のアプリを入手するには、既存のモバイルプロジェクトを開いて「ビルド」を クリックするだけです。

それだけではありません!新しいiOSAndroidプラットフォームの新機能が利用可能になり、アプリの色のカスタマイズ、ダークモードやライトモードへの適応、ローカルデータのそーとなどが可能になりました。

4D for mobileについて詳しく見る

illu_4dviewpro.jpg

4D View Pro。可能性を広げる。

高パフォーマンスのスプレッドシートに向けて。

ピボットテーブルから始めます。ユーザーにビジネス関係者がいる場合は、4D View Proのリボンから直接データを簡単に要約および分析できるこの機能を試す価値があります。

4D View Proを使ってデータをフォーマットし、顧客に見せる良い方法はないのでしょうか。そこで、CSV形式のインポート(読み込み)とエクスポート(書き出し)を追加しました! 

手間をかけるのが好きな方のために、コードでシートを管理する一連のコマンド(アクションの削除や非表示など)を用意しました。また、直接UIアクションを好む他のユーザーには、コンテキストメニューに2つの新しいエントリーが追加されたことで、ユーザーインターフェイスから改ページを管理する方法が提供されています。A

4D View Proについて詳しく見る

illu_4dwritepro.jpg

4D Write Pro。1つの画像は千の言葉に値します。

7つの新しい表示オプションが追加されました。

4D Write Proドキュメントに画像を追加することは、重要な情報を表示したり、既存のテキストに装飾的なアクセントを追加したりするための優れた方法であることを理解しています。

そのため、4D Write Proドキュメントでは、インライン画像とアンカー画像用に7つの新しいフォーマットタイプが追加されています。

さらに、ソースコードはGithubに公開されています。ニーズに合わせてご自由にお使いください!

4D Write Proについて詳しく見る

illu_developerfriendlytools.jpg

デベロッパーが使いやすいツール。

ベストプラクティスなどの組み込み。

デベロッパーに喜んでいただけるオブジェクト指向プログラミング機能を追加しました。ストレージの面だけでなく、オブジェクト内のブロブのカプセル化によって、メモリ管理と速度パフォーマンスが大幅に向上します。

時間を節約して、ドキュメントサイトで検索せずに、クラス関数の詳細にアクセスできます。起動して実行するには、1回のクリックで完了します。

業界のベストプラクティスに従って、新しいプロジェクトで追跡しないものを定義します。既定の.gitignoreファイルが、除外するファイルとフォルダのリストとともにプロジェクトフォルダに自動的に追加されます。

プログラミングについて詳しく見る